スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ YAMAHA!

なんでもヤマハから『YZF 250R4』なる物が出るとか出ないとか。
詳細は不明だが、4気筒250ccで18000まで回るエンジンが乗るという噂が・・・。
でも、現実的なところでWR250の水冷単気筒かなと?
ちょっと気になるニューマシン!
どうせなら水冷単気筒の450ccを載せてくれれば良いのにな。(高そう・・・。)

さて、今日はこれから飲み会だ。行って来ま~す!!

ではでは


スポンサーサイト

試乗会

今日は、以前から気になっていたバイクに試乗してきました。

気になるバイクとは以下の3台。

■1台目 ヤマハ FZ-1 Fazre(国内仕様)

一言で言うと良くできたバイク。日本車らしく誰にでも乗れちゃいます。
街乗りでもギクシャクしないし、飛ばそうと思えばアクセルひねるだけであっという間に免取りのスピードへ。
コーナリングも意外と軽く、思った通りのラインをトレースします。
またがった時には大きく感じるタンク周りも、走り出してしまえば400cc並みの取り回し。(言い過ぎか?)
ちょっとした距離しか乗っていませんが、クセの無いハンドリングでした。
エンジンは7000回転付近からの振動がちょっと気になりましたが、4発らしいフラットトルクで非常に乗りやすかったです。
クセが無い分だけ飽きやすいかも?見た目はあのサイレンサーがねぇ・・・。
フニャフニャ感が有るブレーキも気になりましたので、とりあえずマフラーとブレーキホースは交換ですな。

■2台目 ヤマハ WR250X (オマケ)

こんなの出された日にゃぁ・・・。Dトラがすんごく古いバイクに感じました。まぁ、実際に10年前のバイクですけどね。
足周りもオンロード仕様で良い感じの固さに仕上がっていますね。
エンジンはWRだけあって下から粘りのある吹け上がりを見せます。
ただし、本家WR250Fに乗った事がある人には、かなりのパワーダウン感がありますね。
インジェクションは・・・、違いはわかりません。イジったら面白いバイクになるでしょうね。
悔しいからもうこれ以上書きません。良いバイクです!

■3台目 アプリリア シヴァー

出た、イタリアン!とんがっています。過激です。好みです!!
試乗車はKMの手により、初心者でも乗れるようにちょいとチューニングが施されているようでしたが、納車されたままのシヴァーはもっと過激なのだそうだ。それも乗ってみたい。
スタイリングも日本車には無いデザイン。タンクの形状がちょっと日本人とは合わないかな?違和感有りました。
乗り出した瞬間、アクセルが軽い!これがライド バイ ワイヤー かと。慣れるまでは勢いよく開け過ぎます。
エンジンは下から元気よく、高回転もかなりまで回りそう。
3モードの特性変更機能は、標準モードとレイン、ツーリングの3種類。
ツーリングモードは街中を走る時にはちょうど良いセッティングで排気音もそれほど気になりません。
レインモードは40km/hしか出ないとか。使いませんでした。
標準モードではかなり乾いた歯切れの良い排気音で、車検対応は・・・。乗っていても少々気になる音量ですが、ノーマルマフラーでも結構良い音させています。
OPでアクラのマフラーが出るらしいですが、もう少し待たなければならないようです。
このバイク、既にブレーキホースはステンメッシュ。ホイルのデザインも好み。マフラーもあえて純正で良いので、いじる処は無いかな。一番安上がりなパターン?
メーカーのROMチューンが無料か格安でできるのもアプリリアの特徴。これは期待できます!
でも、一番気になったのは後姿。これは完全におっさんの顔だ!!これはこれで良い感じ。

シヴァー


さて今回はFZ-1とシヴァーの比較で試乗しました。WRはオマケ。

次期車両候補としてはさらにKTMのDUKE690が加わった3台となりますが、DUKEは値段の関係で無しかな。ぜひ試乗をしたいところだが、なんせ日本に入ってくる台数が少ない。

そう言えば、買った人が居たなぁ・・・。試乗できるかも?

今日の試乗で、買うとしたらクセの有るとんがったシヴァーかな。

でもそんな金どこに有る?

宝くじ売り場へ通ってみるか。リスクの少ないロト6で夢を買い続けよう!

ではでは

◆リンク
◆ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ブログ内検索
◆RSSフィード
◆QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。